周囲の人間に相談する

家族や親戚

資金調達をしたい時は、家族や親戚に相談する人がいます。
金融機関からお金を貸してもらう時は、利子などが発生します。
また返済までの期間を自分が決めることができません。
ですから、少し厳しい返済期間になってしまうことがあります。
それでは焦って、経営に集中することができません。

家族や親戚からお金を借りる時は、自分たちで自由に約束を決めることができます。
利子や返済期間などを、無理なく決めてください。
こちらの要求を一方的に伝えるだけではいけません。
それでは印象が悪くなって、お金を貸してもらえなくなります。
相手の要求も聞きながら意見を言って、お互いが納得できる条件を決めましょう。
すると平和に資金を借りることができます。

社員からお金を借りよう

少し変わった方法を言えば、社員からお金を借りる方法があります。
これから会社を経営しようと思っている時に、一緒に働く社員がすでに何人かいるかもしれませんね。
その人たちに相談してみましょう。
これは、社員にとって投資になります。
お金を借りて、起業が成功したら何倍にもして返すことになります。
すると社員は、利益を得ることができます。

そのことを伝えれば、お金を積極的に貸してくれるかもしれません。
ですが失敗すると、信頼関係にヒビが入ります。
そんなところで仕事をしたいとは思わないでしょうから、会社を辞めてしまうかもしれません。
確実に返済できるプランや仕事の方法を考えてから、お金を借りましょう。
計画的に行動すれば大丈夫です。



TOP